昔からの価値観

18世紀のパリの貴族は、笑う事が殆ど禁止されていました。

何故なら、笑う事は下品なものと考えられていたのです。

貴族達にとって笑うという行為は、自分よりも身分が低い人達を嘲笑う行為だったのです。

日本でも、女性が大口を開けて笑うのははしたないと思われたりします。

口元を隠して笑う事が、上品だと思われています。

こうした、ある時代特有の考え方はいろいろなところで生活の中に深く染み込んでいたりします。

しかし、今は女性は女性らしくといった時代ではありません。

例えば、笑うという行為一つとってみても、健康に良いという事が科学的にも証明されています。

ダイエットでも、昔からの価値観があります。

・ダイエットは辛さに耐えなければいけない

・痩せたいのなら食べてはいけない

・毎日ハードな運動をしないと痩せない

全てが嘘という訳ではありませんが、これでは楽しく長く続けられるダイエットには達成できません。

今までの固定観念にとらわれない、楽しく続けられる理想のダイエットを実践してみてください。

広告を非表示にする