若い時の「デカダンス」という事象:::

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・それは、19世紀の「フランス」にて興った「デカダンスという出来事・事象。

・・・それは、「退廃的」で、「虚無的」、あるいはまた「唯美的」なる、芸術上の傾向性の事を指して言います。

・・・あるいは「芸術」、「文学」における「退廃的」な傾向性の事を言うそうです。

・・・まあ、確かに、私も、「一都三県、一時、大阪府内」にて在住、約20年弱という年月を、比較的に「都市部」で、「大学・理工学部系」を卒業して、また、メーカー系の会社にて、「正社員」とか、あるいは「契約・派遣社員」などとして、主に「工場作業員」として働いてきたという事実・実績。

・・・まあ、ある種の「シュール・レアリスム」のような感触を持つように、見えつつも、その実は、単に、「アプリオリ」としての「若気の至り?」のような事象の中の一種の物事とでも表象する事が出来ましょうか・・・??

・・・実際、「セベラル」な事象というのは、在る事は理解出来ます。

☆:それは、例えば「透明な」太陽光線も「プリズム」というガラスや水晶などで出来た

三角錐」の「物質」によって、その「透明な」太陽光線は、「7種類」の「カラー」に分類されて壁等に映されるのです。

・ですから、この場合で言いますと、「y=f(r)」という関数を考えますと、ここでは、

     (7種類の光線)=「プリズムF(透明な太陽光線)」

というように、「1つ」のものは「関数操作」を経る事によって「7種類の光」へと変換されて見なされるようになる訳ですから。(これは自然界の真実・真理なのですね)。

・まあ、もっと、単純に言いますと「国語」「数学」「社会」「理科」「体育」「音楽」etc.というように、いろいろな「分野」「科目」は実際にある訳ですから。

・・・問題(テーゼ)となる「要因」は、実際に、自分が「どの色?」をセレクトするのか?という「自己責任」へと帰せられる要件だと言える事になるのでしょうか???

・・・・・いかがでしょうか?私はそのように考えています。