北の国から&x27;2017号泣

おはようさん!

そねゆうです()

先日、予定何もなく1日休みだったんだ。

やること、やらなきゃいけないこと、いっぱいあったんだけど

私は無性に北の国からが観たい!!!という衝動に駆られ、

1日中、北の国からを観て過ごした。笑

倉本聰ワールドの心持ちで、まだその余韻に浸ってるわけで。

私はどうしてか、純に感情移入してしまい、心が昂らさせられるわけで。

号泣です。

もちろん、北の国から、ドラマシリーズがやっていた時は生まれていなかった。

物心ついてから、当時レンタルビデオ屋で借りて観始めてハマった。

ちなみに私の趣味(落語、北の国から)のおおもとは、全てさだまさし起源といっても過言ではない。笑

その時代に同じ世代で生きていたわけではないが、

純の成長とともに、その年齢、やっぱりそうですよねーとか、その共感する部分が多くて涙が出てくるのである。

北の国から好きな人あるあるなんだけど、

吉岡秀隆さんは、もはや吉岡秀隆さんでなく、純が成長して役者やってるんだ。って気持ちで見てしまうというのがある。

(北の国から大好き芸人、雨上がり決死隊蛍原さんも言っていた)

そこまで心がっちり掴むあの物語は素晴らしい。としか思わない。

東京に出た純の気持ち、上手くいかなくて富良野に帰りたいと思う純の気持ち、五郎の怪我により富良野に帰ることを決める純の気持ち。

東京に来て、ここまではまだ私は経験していないが、

ようやく、北の国からドラマスペシャルで描かれている、02遺言の歳に近くなってきたわけで。

純は、私の年齢で牧場経営に失敗し、多額の借金を背負う。

富良野に居られなくなる。

こんな経験したことないし、したくもないけど、いろいろ考えがっちり感情移入している私は涙が出てくる。

今回、ドラマシリーズ以外のスペシャルシリーズ全部観たわけだけど。

92巣立ちは、親父の姿を見る子どもとして、20代の総まとめ。みたいな感じで涙が止まらなーい()

最も涙したのは、95秘密でした。

とりあえずシュウちゃんが可愛い。

マジで可愛い。宮沢りえさんね。

可愛い留守電の吹き込み方勉強させられたので、

マジで今度誰かにやってあげる!笑

いやいや、そこじゃないんだよ。

そこから繋がって、98時代も素敵すぎる。

どこがどう良いかって言われると難しいから、

観ながら、ここ!ココ!!って教えてあげるのが1番だと思う。笑

嫌なことばっかりで嫌になっちゃうこともあるけど、やっぱり良いこともある。

自分らしく生きていこう。

そんな悟りを開いた、北の国から2017号泣でした()

久にまとまりのない、意味のわからないブログになっていることも気にしない。

とりあえず、富良野に行きたい。

そねはら友